Top >  高血圧と食事 >  高血圧とトランス脂肪酸

スポンサードリンク

高血圧とトランス脂肪酸

トランス脂肪酸は、いわゆる不飽和脂肪酸のことで、油を高温で過熱するときに生まれる物質です。植物油を硬化させるために使われる水素が添加されて育成されます。このトランス脂肪酸・不飽和脂肪酸は悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を増やしますので、動脈硬化症や心臓病につながるということで、ヨーロッパやアメリカでも使用を禁止する騒ぎをおこしていますが、日本ではまだ量的に問題がないという日和見主義な方策しか採られていませんので気をつけましょう。

トランス脂肪酸の多いものはマーガリン、ショートニングなど植物油でも固体のもので、費用が安い点からファストフード、コンビニ食、外食店、テイクアウト、など出来合いの揚げ物、パン、スナック菓子、あらゆる食べ物に使われています。

加工食品などを買うときには裏の原材料名をよくチェックして、ショートニングやマーガリンなどがあったら避けるようにいて自己防衛しましょう。






スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧と更年期障害  |  トップページ  |  次の記事 高血圧と塩分コントロール  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2221

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。