Top >  高血圧と食事 >  高血圧とアルコール飲料と塩分

スポンサードリンク

高血圧とアルコール飲料と塩分

アルコールは血管を広げる働きがあることと、飲酒直後には血圧を低下させますが、飲みすぎると逆に血圧を上昇させてしまうので注意しましょう。またアルコール類はエネルギーも高く、一緒に食べる料理もこってりして味付けの多い物になりがちなの、塩分や油分のとり過ぎはダイエットにも良くないので気をつけましょう。

外食は、できるだけ控えることが望ましいですが、利用する場合は食塩や栄養のバランスを考えて選びましょう。特にめん類のつゆや味噌汁、スープなどは、全部飲まないで残すようにしましょう。味付けご飯のピラフ、チャーハン、炊き込みご飯、カレーライス、寿司、丼物なども食塩の量が多いので控えたほうが良いのです。

お勧めなのはご飯としゃぶしゃぶなどのつゆを少なめにしたり、ドレッシングを少なくした温野菜サラダ、自分で味付けをコントロールできるメニューや野菜が主体のメニューが安心です。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧と体脂肪率  |  トップページ  |  次の記事 高血圧と内臓脂肪  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2218

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。