Top >  高血圧と食事 >  高血圧症と食生活

スポンサードリンク

高血圧症と食生活

高血圧症の塩分のコントロールは大変重要です。毎日の食事療法の塩分の量と質を見直すこと、そして野菜や果物でカリウムを補充し,良質タンパク質を充分摂取します。

カリウムは塩分のナトリウムの排出に役立つ栄養素なので、不足してしまうと相対的にナトリウム過多になり高血圧にはよくありません。カリウムは血圧を下げるカリクレインという酵素を増やしてくれますので積極的に食べたい栄養素ですね。

カリウムが多く含まれる食品には野菜や果物がありますが、特に干し柿、バナナ、じゃがいも、ひじき、ほうれん草、さつまいも、メロン、納豆などです。

高血圧を改善するためには毎日決まった時間に食事を取ることが重要です。ゆっくりよく噛んで食べることで満腹感も味わえ食べすぎを防ぐだけでなく消化酵素であう唾液も良く出て健康に良いことばかりです。また油っぽい食べ物は肥満のみならずコレステロールや中性脂肪を増やします。野菜や果物をたっぷり食べてダイエットを成功させて肥満となよならしましょう。肥満解消は高血圧の対策にも効果があります。






スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧を改善する生活習慣  |  トップページ  |  次の記事 高血圧症の早期発見  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1477

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。