Top >  高血圧と食事 >  食生活で高血圧対策

スポンサードリンク

食生活で高血圧対策

高血圧症の場合、塩分のコントロールは必須です。塩分のとり過ぎは高血圧症の大きな原因でもあるので、高血圧を改善するため一番気をつける事です。

毎日の食事に含まれる塩分量をカットして、野菜や果物で十分なカリウムを,そして血管を造る良質なタンパク質も不足しないようにしましょう。

バランスの良い食事がとても大切です。ご飯に減塩味噌などを使ったお味噌汁、野菜たっぷりのおかず、適度な魚か肉や低脂肪乳製品も必要です。
カルシウムが不足すると高血圧を招くという報告もあります。バランスが大切なのです。

不規則な食事時間や夜遅い時間の食べすぎ、カロリーのとり過ぎなど肥満のもとです。

食事は決まった時間に、ゆっくりよく噛んで食べましょう。油っぽい食べ物は肥満の大敵なので少量にし、お酒と一緒に食べるものもカロリー過多にならないよう、メニューの選び方を工夫します。一般的に生野菜やゆでた枝豆、豆腐料理などが低カロリーで高血圧にも安心です。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧対策の生活習慣  |  トップページ  |  次の記事 高血圧症を早期発見するために  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1462

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。