Top >  高血圧と食事 >  高血圧対策の食生活の注意

スポンサードリンク

高血圧対策の食生活の注意

高血圧症の場合、塩分の影響は人によって違うものですが、塩分のとり過ぎは高血圧症の原因ともなり、改善する際には一番気をつけるべこき事として医師からも指示を受けますね。

毎日の食事療法の塩分の量と質を見直すこと、そして野菜や果物でカリウムを補充し,良質タンパク質をたっぷりと摂りましょう。

何よりもできるだけバランスの良い食事を楽しみながら食べることが大切です。昔ながらのご飯にお味噌汁(減塩味噌を使うなど工夫します)、おかずは野菜たっぷり、魚か肉を適量、低脂肪乳製品も適量摂ります。

不規則な食事時間や夜遅い時間の食べすぎ、カロリーのとり過ぎなど肥満のもとです。

食事はできるだけ毎日決まった時間に、ゆっくりよく噛んで食べましょう。油っぽい食べ物は肥満のみならずコレステロールや中性脂肪を増やしてしまいますのでほどほどにしましょう。特にお酒と一緒に食べるものはカロリー過多になりやすいので注意しましょう。おつまみには枝豆、冷奴、オニオンスライスなどの野菜類が低カロリーでヘルシーです。






スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧対策  |  トップページ  |  次の記事 高血圧症の早期発見  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1433

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。