Top >  高血圧の予防と治療 >  高血圧対策と血管の柔軟性の関係

スポンサードリンク

高血圧対策と血管の柔軟性の関係

高血圧対策には、さらさら血液にしてスムーズに血液が流れるようにすることや、血管を丈夫にして傷つきにくくすることが重要です。血管が硬いと内側ももろくなり、血栓ができやすくなってしまうので高血圧を悪化させる原因にもなります。

血管を丈夫にするために、良質のタンパク質を充分摂取することや、コレステロールを適度に摂ることも大切です。

コレステロールは多く摂り過ぎても健康に良くありませんが、不足すると今度は血管壁がもろくなって血液の中に塊ができやすくなってしまいます。

このコレステロールは血管を含めて身体中の細胞壁の材料になる大事な成分なので、不足しないように気をつけましょう。

良質のタンパク質とは必須アミノ酸をすべて含んだプロティンスコアの高いタンパク質のことです。動物性の食品に含まれているタンパク質ですが、植物性のタンパク質も穀類と豆類などというように組み合わせて摂ると補い合ってプロティンスコアが高くなります。コレステロール不足になると血管などの組織が破れやすくなります。





スポンサードリンク

 <  前の記事 二次性高血圧という高血圧  |  トップページ  |  次の記事 妊娠中毒症による高血圧とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1470

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。