Top >  高血圧の予防と治療 >  高血圧対策のための塩分コントロール

スポンサードリンク

高血圧対策のための塩分コントロール

高血圧は塩分の多過ぎる食事が原因とも言われています。塩分の多い味の濃いおかずに慣れてしまうと、塩分コントロールの薄味では物足りなく感じますが、これもなれてしまえば大丈夫です。
塩の代わりになる調味料を工夫して旨味の出る料理法で作ってみましょう。だしを効かせるとおいしく食べられます。

高血圧の場合には塩分の多く含まれた加工食品の食べすぎにも気をつけましょう。いくら、たらこ、漬物、はんぺんなどの魚肉練り製品、ハムやソーセージなどにも塩分が多く含まれています。

おそばやうどんやラーメンなどの麺類のつゆは残し、天丼などの外食も出来れば控えましょう。減塩しょうゆで自炊しましょう。自分で作れば加減ができますし、以外な塩の量に驚くかもしれません。あらゆる加工食品は塩分過多なので、自炊は必須です。

料理の際には塩を入れずに作り、食べる直前に少量をふりかけて食べると塩分をより感じやすいので、少量の塩分でも美味しく食べられるのでお勧めです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 更年期になると高血圧になる?  |  トップページ  |  次の記事 本態性高血圧とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1467

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。