Top >  高血圧の予防と治療 >  高血圧対策と体脂肪率

スポンサードリンク

高血圧対策と体脂肪率

高血圧に肥満は大敵です。肥満は体重や見た目で判断されるのではなく、体重に占める脂肪の割合=体脂肪率で決まります。

体脂肪率が、男性20%以上、女性30%以上の場合を肥満とし、たとえ体重は標準体重であっても、体脂肪率が数字以上あるならかくれ肥満ということになり、肥満と同様の注意が必要です。肥満や隠れ肥満であると高血圧をはじめあらゆる生活習慣病にかかりやすくなるからです。

また体はそれほど肥満していなくてスリムでも、おなか周りが太っていたり、内臓のまわりに脂肪がついている場合なども、かくれ肥満かもしれません。体脂肪率は正常範囲内でもかくれ肥満の場合もあります。食事、運動に気をつけて太らないように、高血圧にならないようにしましょう。

一度肥満になってしまうと身体は3ヶ月はその体型を記憶してもとに戻ろうとする作用(ホメオパシー)があるので、できるだけ肥満しないこと、ダイエットに成功したら少なくても3ヶ月はその体重をキープすることでリバウンドの危険はぐっと減らせます。ダイエット成功後3ヶ月間体重を維持できたらその後は楽になるはずです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧症を早期発見するために  |  トップページ  |  次の記事 高血圧と低血圧について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1464

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。