Top >  高血圧の予防と治療 >  高血圧対策<塩分コントロールの重要性>

スポンサードリンク

高血圧対策<塩分コントロールの重要性>

高血圧の原因とも言われる過剰な塩分をなんとかカットしましょう。

はじめは塩気の効いた食事に慣れてしまった舌に薄味のおかずはたんでもなく物足りない感じがすると思いますが、塩以外のスパイスを上手に使って減塩生活を成功させましょう。

塩の代わりにお酢やレモン、ゆず、ハーブなどでもおいしく料理できるメニューがあります。

今まで醤油やとんかつソースなどをかけていたお料理にレモン汁や無塩スパイスを試してみても意外とおいしい発見があるものです。たとえば、コロッケにはとんかつソースが定番ですが、これをレモン汁と減塩ケチャップにしてみるなどです。野菜の煮物なども醤油は最後に少しだけ減塩醤油を入れるだけにとどめてみましょう。砂糖の量も少なくて済むのでダイエットにも効果的です。

高血圧の場合には塩分の多く含まれた外食にも気をつけましょう。丼物、寿司、麺類などのつゆには想像以上の塩分が含まれています。

また食パンの塩分も無視できないので、自分で作るか、やはり昔ながらのご飯に薄味のおかずが健康的なのかもしれませんね。漬物は減塩で自作したものです。一夜漬けなら手軽なのでダイエットにもお勧めです。ビニール袋に塩と野菜を入れて冷蔵庫で一晩くらい置けばできあがります。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧対策  |  トップページ  |  次の記事 本態性高血圧について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1459

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。