Top >  高血圧の予防と治療 >  高血圧予防の食事<塩分制限>

スポンサードリンク

高血圧予防の食事<塩分制限>

高血圧の予防や改善に塩分制限・塩分コントロールは大切な要素です。塩分が多い食生活を続けているとどうしても血圧が上がってしまいます。

和食では味噌や醤油を多く使うので塩分が過剰になってしまい勝ちです。白いご飯には味付けの濃いおかずが好まれることも関係しています。

日本人の食塩摂取量は1日平均12gで、欧米人に比べて多いといわれます。野菜の漬け物、梅干し、魚の干物、塩漬け、などどれも美味しいものですが塩分が多くなっています。

日本の高血圧治療ガイドラインによると塩分摂取量は1日6g未満になります。小さじ1杯が5gなのでこれはかなり厳しい条件といえますね。
減塩味噌や減塩醤油などの減塩タイプの調味料を使うこと、味の濃い外食を避けることなど工夫をして減塩に取り組みましょう。

そばつゆなどはだしを効かせると塩分が少なくても十分美味しく感じます。サラダドレッシングも減塩タイプか、手作りならスパイスを効かせてヘルシーな減塩ドレッシングを作れます。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧の種類  |  トップページ  |  次の記事 高血圧の種類  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1445

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。