Top >  高血圧の原因 >  高血圧と塩分

スポンサードリンク

高血圧と塩分

高血圧対策では塩分を減らして1日7g程度にすることが薦められています。

佃煮や塩辛、お漬物などの塩辛いものや塩分の多いポテトチップスやラーメン、そば、うどんのスープなどを摂取すると喉が渇いて水を沢山飲みたくなります。

身体の中でナトリウム(塩分)が増えると水分を身体が求めて大量に摂取することにより血液量が増えて心臓に負担がかかり血圧が上昇します。

このため高血圧を改善、予防する場合には塩分を控えるようにと言われます。塩分を取るといけないのは必要以上な量が血圧に対して良くないのであってナトリウム(塩分)は身体が適切に機能を果たすために必要なミネラルです。ただ現代の食事では塩分は自然に摂取できますので、過剰の摂取は避けましょう。味はしませんがパンにも塩分は入っています。

調味料は精製されたものは避けて、昔ながらの手作りの自然のものがお勧めです。塩の代わりにレモン汁や香辛料で工夫して薄味でも満足できるようにしましょう。

梅干1個2g、塩魚1切れ5g、ちくわ1本3g、しょうゆ大さじ1杯3g、味噌汁1杯1.2g

おでんの具で人気の魚肉練り製品の塩分が結構多いので気をつけましょう。さつま揚げ1枚1.3g、はんぺん1枚1.5gです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧にならない生活習慣  |  トップページ  |  次の記事 高血圧対策、肥満対策  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1344

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。