Top >  高血圧の原因 >  動脈硬化と高血圧

スポンサードリンク

動脈硬化と高血圧

動脈硬化は狭心症、心筋梗塞、動脈瘤、閉塞性動脈硬化症の原因となり、様々な健康障害を引き起こします。

動脈は心臓と同じく寝ているときでも休みなく働いているため、動脈の血管は加齢にしたがって少しずつ傷んでくるのは自然なことなのですが、その速度をできるだけ遅らせて健康でいられるようにしましょう。

動脈硬化は血管壁に弾力性がなくなって、硬くなり、血管の壁に傷がついたり、肥厚して内側がだんだん狭くなって血液が通リにくくなってきます。

動脈硬化になりやすい病気や因子をなるべく取り除くことが大事になります。動脈硬化は徐々に起こってきますが、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙、ストレス、運動不足、高齢化などで進行が早まります。こういった動脈硬化を引き起こしやすい病気を予防すること、そして病気になってしまったら早期に治療を受けて改善することが動脈硬化を予防するのに重要なことです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧について  |  トップページ  |  次の記事 高血圧の予防と治療に生活習慣  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2199

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。