Top >  高血圧の原因 >  高血圧と体脂肪率

スポンサードリンク

高血圧と体脂肪率

肥満は高血圧になりやすいと言われています。肥満はメタボリックシンドロームの診断基準にもなっています。
肥満は一般的に食べすぎと運動不足から過剰摂取されたカロリーが皮下や内臓周りに蓄積されて肥満になります。

肥満かどうかは体重や見た目で判断するのではなく、体重と脂肪の割合である体脂肪率で判断します。

体脂肪率が、男性20%以上、女性30%以上の場合を肥満としています。たとえ体重は標準体重であっても体脂肪率が肥満に達してしるならかくれ肥満になります。
肥満の度合は脂肪率で決まります。肥満、隠れ肥満、どちらも高血圧など生活習慣病になりやすいので気をつけましょう。

また体に比べてお腹周りが太かったり、りんご型肥満のような内臓まわりに脂肪がついた場合も要注意です。

このように体脂肪率は正常範囲内なのにもかかわらずかくれ肥満であることもあるので、体重や体脂肪が正常であっても安心せずに常に食事、運動に気を配り、高血圧にならないようにしましょう。暴飲暴食を避けて腹八分目で運動もしましょうということですね。簡単ではありませんが、できそうなダイエットや軽い運動から始めてみましょう。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧に良い食品【黒砂糖】  |  トップページ  |  次の記事 高血圧とカルシウム不足  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1480

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。