Top >  高血圧の原因 >  高血圧と体脂肪率の関係

スポンサードリンク

高血圧と体脂肪率の関係

肥満になると高血圧になりやすいとも言われています。肥満は現代病とも呼ばれ、メタボリックシンドロームの診断基準にもなっています。
肥満は一般的に食べすぎと運動不足から過剰摂取されたカロリーが皮下や内臓周りに蓄積された状態ですね。ある程度の皮下脂肪は人が生きていくウエデ必要ですが、多過ぎては血管や心臓などに負担をかけてしまいます。

ところでこの肥満とは体重や見た目ではなく、体重に占める脂肪の割合=体脂肪率で決まります。

肥満とは、体脂肪率が、男性20%以上、女性30%以上の場合をさし、体重は標準体重であっても体脂肪率が肥満に達してしるならかくれ肥満になります。
肥満の度合は死亡率で決まるのですね。肥満、隠れ肥満、どちらも高血圧などにならないよう注意が必要です。

また体はスリムなのに、お腹の周りが太ってきたり、内臓のまわりに脂肪がついてきた場合なども、かくれ肥満の可能性が濃厚です。

このように体脂肪率は正常範囲内なのにもかかわらずかくれ肥満であることもあるので、体重や体脂肪が正常であっても安心せずに常に食事、運動に気を配り、高血圧にならないようにしましょう。暴飲暴食を避けて腹八分目で運動もしましょうということですね。簡単ではありませんが、できそうなダイエットや軽い運動から始めてみましょう。

ちょっと体重が減っただけでとても動きやすくなりますので、運動することが苦でなくなってきます。食事も腹八分目に慣れるまでが大変な苦労ですが、皿数を多くして見た目を満足させる、食べてもカロリーの少ない野菜料理を多くして満腹感を感じる、週に1度くらいは好きな物を食べても良い日にする、など長続きできそうな自分なりのダイエットの規則を作って健康になれるイメージを浮かべながら楽しく健康になりましょう。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧症は早期発見が大事  |  トップページ  |  次の記事 高血圧とカルシウムの関係  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1451

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。