Top >  高血圧の原因 >  高血圧と更年期障害

スポンサードリンク

高血圧と更年期障害

高血圧は長時間血圧が高い状態ですが、血圧が高いままだと血管に負担がかかり、さまざまな臓器にたいへんな影響を与えます。脳、心臓へのダメージが引き金となって脳卒中、心筋梗塞など命に関わる病気につながることもあります。

血圧が高いと血管が硬くなり 動脈硬化にもつながります。

高血圧の原因はストレスや塩分のとり過ぎなど生活習慣が大きいのですが、更年期による自律神経の乱れによるとも言われ、更年期障害と密接な関係にあります。

更年期障害と高血圧が関係しているというのは、更年期障害はホルモンバランスの崩れ=自律神経の乱れを引き起こすことが原因であるからといわれています。
更年期に差し掛かる頃から女性ホルモンの分泌が減少する関係で骨粗鬆症になりやすく、また血中コレステロール値も上昇します。コレステロールはすべてが悪者ではありませんが、血液の粘度に影響します。

更年期特有の精神的ストレスの増加も高血圧には良くないといわれていますので、ストレスはあっても上手く発散するようにしましょう。ストレスで血圧はすぐに影響をうけては上がってしまうほど繊細なのですね。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧と低血圧  |  トップページ  |  次の記事 高血圧とトランス脂肪酸  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1439

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。