Top >  高血圧の症状 >  高血圧について

スポンサードリンク

高血圧について

血液が血管内を流れていく場合、血圧が高いということは、血管の壁に高い圧力がかかり、血管は更に硬くなって動脈硬化が進行します。心臓も高い圧力で血液を全身に送らなければならないので、心臓にも負担がかかってきます。動脈の壁がもろくなって動脈瘤となることもあります。

あるいは血管の内壁が傷つき、解離性大動脈瘤を起こしやすくなります。高血圧の場合は高血圧自体に自覚症状はありませんが、こうした怖い病気を防ぐためにも投薬、減塩、運動などで治療をすることが大切なのです。

高血圧では降圧剤を使って治療をした場合、動脈硬化や心臓発作の起きる率が低下したというデータがあり、降圧薬での治療をした場合、平均で140/83mmHgが最も心臓発作や血管病を起こしにくいという報告があります。

高血圧の場合は血圧を150/90mmHg以下にすることで、将来の心臓血管病を予防する事が出来ます。






スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧  |  トップページ  |  次の記事 動脈硬化と高血圧  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2198

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。