Top >  高血圧の症状 >  肺高血圧症という高血圧

スポンサードリンク

肺高血圧症という高血圧

肺高血圧症とは、肺動脈内の血圧が異常に高くなる高血圧症ことです。肺高血圧症には原発性と続発性があり、続発性肺高血圧症の方が多く一般的です。原発性肺高血圧症の発症原因は現在も不明です。

続発性肺高血圧症は、肺に向かう血流を妨げる疾患や、血液中の酸素濃度を持続的に低下させる疾患が原因で発症すると言われます。特に慢性閉塞性肺疾患が原因となって発症することが多いです。

原発性肺高血圧症の患者は女性が多く、男性の約2倍も発症しています。そのうち約半数が診断時に35歳以上ということです。原発性肺高血圧症は、生活習慣病と違ってとくに食事に気をつける必要はなく、また原因と目されている食欲抑制薬は絶対に服用しないように気をつけます。原発性肺高血圧症は進行すると心不全を起こしますので、過労やストレスを避けることが大事です。

肺高血圧症の一般的な症状は激しい運動時の息切れです。肺高血圧症が進行すると息切れはほぼ全員の患者にみられる症状で、激しい運動時の眩暈や疲労感、胸痛、脱力感を感じます。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧予防の食事と塩分制限  |  トップページ  |  次の記事 高血圧と血圧の変動  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1473

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。