Top >  高血圧の症状 >  妊娠中毒症による高血圧とは?

スポンサードリンク

妊娠中毒症による高血圧とは?

妊娠中毒症による高血圧になってしまったら安静にすることが重要です。安静にしても血圧が下がらなかったら薬物療法で血圧を下げるようにします。

妊娠中毒症の高血圧の治療に利尿剤は使用されません。一般的な高血圧には利尿剤を用いるのです、利尿剤には胎盤の機能を低下させる作用があることや、妊娠20週以降には胎盤への血流の減少を引き起こしたりして胎児に悪影響を与えかねないので、妊娠中毒症の高血圧には降圧剤を使わないのです。

妊娠中毒症は血圧の上昇が症状のひとつですが、他にも尿に蛋白が出たり、むくみが出たり、急激な体重の増加などの症状が見られます。

妊娠中毒症が悪化すると流産や難産を引き起こしたり、母子ともに危険が増すので、煮心中は特に太りすぎないように指導されます。妊娠中の大幅な体重の増加は避けなければなりません。減塩・薄味でバランスのよい食事、適度な運動、充分な休養が妊娠中毒症予防に大切です。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧対策と血管の柔軟性の関係  |  トップページ  |  次の記事 高血圧予防の食事と塩分制限  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1471

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。