Top >  高血圧の症状 >  本態性高血圧とは?

スポンサードリンク

本態性高血圧とは?

本態性高血圧とは原因が特定できない高血圧のことです。日本では高血圧の人の90パーセントが本態性高血圧といわれ、40歳前後から徐々に発症します。

血圧は一般的に年齢とともに徐々に上がっていきますが、
2~3年の短期間で急速に進行することもあるので油断は禁物です。

本態性高血圧の原因には、遺伝因子と環境因子があります。環境因子は主に食塩、アルコール、肥満、運動不足などがありますが、もし両親が高血圧で、遺伝的に高血圧になりやすい体質であっても食生活や生活習慣などの環境次第では高血圧の予防や改善が可能になることも覚えて起きましょう。

具体的な高血圧対策としては、塩分の制限、節酒、肥満の改善、適度の運動、規則正しい生活などが考えられます。高血圧にならないように普段から気をつけて生活し、たとえ高血圧になったとしても合併症を防げるよう、血圧たかが高血圧と思われそうですが、放っておくとさまざまな病気の引き金になること、自覚症状がないことが高血圧のこわいところです。

を適正範囲に下げることが大事です。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧対策のための塩分コントロール  |  トップページ  |  次の記事 二次性高血圧という高血圧  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1468

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。