Top >  高血圧の症状 >  高血圧と低血圧について

スポンサードリンク

高血圧と低血圧について

高血圧症とは収縮期血圧140mmHG以上、拡張期血圧90mmHG以上の場合をさし、降圧剤などの投与で血圧を安定させて合併症を防ぐ治療を行います。

正常血圧は収縮期血圧130mmHg以下、拡張期血圧85mmHg以下、収縮期血圧が100~110mmHg以下、拡張期血圧が50~60mmHg以下は低血圧と呼ばれます。

高血圧症の人の中には、座った姿勢から立ち上がった時に血圧が大幅に低下する起立性低血圧をともなう場合があります。また高齢になると血圧の変動が大きくなるため、立ち上がるときに血圧が急に下がり、めまいや立ちくらみが起きることがあります。転倒や骨折などの危険にも繋がります。

うつ病などの治療に使われる抗うつ薬など心身医療に使われる薬の副作用で低血圧が起こる場合があります。血圧は高くても低すぎても健康に良くありません。血圧を下げる薬を服用中の高血圧症の方に、薬が原因で起立性低血圧が起きることもあります。立ち上がる時は気をつけて転倒を防ぎましょう。
食事の塩分コントロールに気をつけて適正な血圧を保ちたいものです。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧対策と体脂肪率  |  トップページ  |  次の記事 更年期になると高血圧になる?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1465

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。