Top >  高血圧の症状 >  早朝高血圧って?

スポンサードリンク

早朝高血圧って?

早朝高血圧って聞いたことがありますか?

人の血圧は一日のなかでも変化をしているものですが、健康な人は夜寝ている間の血圧は低くなり、朝になると上昇し始め、昼間起きている時間帯は1番血圧が高くなっています。昼は活動するために血圧が上がり、夜はゆっくり休むので血圧が低くなるわけですね。

ところが降圧剤の薬の服用で昼間の血圧が正常になっても、朝の血圧が高くなることがあり、早朝高血圧と呼ばれていますが危険なのです。これは朝の急激な血圧上昇が心臓発作や脳梗塞を引き起こすと考えられているからです。

まずは自宅で自分の血圧を測定して早朝高血圧でないか知ることから始めましょう。毎朝同じ時間に安静にして座った状態で、家庭用の血圧計で血圧を測定してデータをとってみましょう。

早朝高血圧に限らず、高血圧は精神的な緊張やストレスが大きく影響していると言われますので、リラックスしてストレス解消の方法をいくつかみつけましょう。
絶え間なくストレスにさらされることは高血圧になるだけでなく、様々な病気の原因にもなりますね。





スポンサードリンク

 <  前の記事 子供の高血圧  |  トップページ  |  次の記事 高血圧改善の食事  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1340

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。