Top >  高血圧の症状 >  高血圧と塩分コントロール

スポンサードリンク

高血圧と塩分コントロール

高血圧の原因とも言われる塩分の多過ぎる食事を改正しましょう。塩気の効いた食事に慣れてしまうと薄味のおかずが物足りなく感じてしまいがちです。塩を食卓にのせるのはやめて、お酢やハーブの粉末などで味をみてみましょう。以外と塩が少なくても風味があれば美味しく感じるものです。和食ではだしをよく効かせると美味しさを損ないません。

塩もナトリウムの多い化学処理をされた化学塩は避けて、天然のシーソルト(海塩)や岩塩などがおすすめです。今は天然醸造で昔ながらの手作り味噌やしょうゆなどもネットで買うことができるようになりました。調味料は大事です。

高血圧の場合には塩分の多く含まれた食品の食べすぎにも気をつけましょう。いくら、たらこ、漬物、はんぺんなどの魚肉練り製品、ハムやソーセージなどにも塩分が多く含まれています。

おそばやうどんやラーメンなどの麺類のつゆは飲まないようにと耳にたこかもしれませんが、実は麺自体にも塩気が入っています。こうしてみると食べ物にはもとから塩分がかなり含まれている事に気がつきます。ありとあらゆる食品に多かれ少なかれ塩が含まれているので、お料理をする時には塩を入れず、食べる直前に少量をふりかけて食べると少量の塩でも塩気をダイレクトに感じるので美味しく食べられます。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧とトランス脂肪酸  |  トップページ  |  次の記事 高血圧による合併症  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1440

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。