Top >  高血圧の症状 >  高血圧は命に関わる

スポンサードリンク

高血圧は命に関わる

高血圧はあまりにも一般的なのと、自覚症状が乏しいことで、あまり重病とは思われていませんが、様々な生活習慣病の元になったり合併症を引き起こす、命に関わる怖い病気なのです。

高血圧にならないように生活習慣を変えて予防することが大変重要です。

大人の正常血圧は140/90mmHg未満、高血圧は160/95mmHg以上(いずれか一方または両方)と定められています。正常血圧と高血圧の間は境界域高血圧と言われています。

高血圧の90%は原因不明の本態性高血圧症といわれています。原因の明らかな高血圧は二次性高血圧と呼ばれています。

この二次性高血圧の原因には腎炎(腎性高血圧症)、腎動脈狭窄(腎血管性高血圧症)、副腎の腫瘍(内分泌高血圧症)、妊娠中毒症、心弁膜症などがありますが、全体の10%です。

また血圧は血管の壁の弾力性などによっても影響を受け、弾力性のある血管は圧がかかった時風船のように膨らむため抵抗を減らしますが、弾力性が乏しくなった血管は抵抗が強くなるので高血圧となります。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧の予防  |  トップページ  |  次の記事 子供の高血圧  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1338

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。