Top >  高血圧の症状 >  高血圧と内臓脂肪

スポンサードリンク

高血圧と内臓脂肪

高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病はそのまま治療もせずに放っておくと動脈硬化を起こしてしまう可能性があります。

また内臓に脂肪がたまっている場合、生活習慣病を同時に合併しやすいといわれています。たとえそれぞれの生活習慣病が重症ではなくても、いくつかの病気が重なって発症すると動脈硬化が進みやすくなり危険度も高まります。

動脈硬化の恐いところは自覚症状がまったくないうちにゆっくり病状が進みある日突然破裂したりすることです。動脈硬化であっても何の症状もなくては気がつくのが遅れて打つ手がありません。

たとえば心臓の血管で動脈硬化が進んだ場合には血液が流れにくくなる狭心症、心臓の血管がつまってしまう心筋梗塞を起こしてしまいます。このような心臓病にも、内臓にたまった内臓脂肪が大きく関係していることがわかっています。

肥満予備軍であると自分で自覚して、普段から食べ物や運動に気をつけているほうが、そのままほったらかしているよりもよほど安心です。

まずは自分の現状を見つめて肥満か隠れ肥満か、または予備軍ではないか見極めることが大事です。その後なら対策はいくらでもたてられます。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧の改善  |  トップページ  |  次の記事 高血圧と脳血管障害  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1437

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。