Top >  高血圧の症状 >  高血圧症の早期発見

スポンサードリンク

高血圧症の早期発見

血圧が持続的に高くなることを高血圧といいますが、安静時に座って測って、最大血圧が140mmHg以上ある場合、または最低血圧が90mmHg以上持続する場合に高血圧症と診断されます。

日本では,約3,000万人の高血圧症患者がいると推定されますが、実際に十分な治療を受けている高血圧症の方は約30%程度と言われていますので、血圧を測ったことがない人は自分の血圧をまずチェクすることをおすすめします。昔計ったからと行って安心していては危険です。血圧は変動するのです。

また高血圧症は軽症のうちは、まったく自覚症状がありませんので、定期的な血圧測定をして、高血圧を早期発見することが必要です。

高血圧症は治療をせずにおくと重篤な病気を引き起こしかねず、また治療をしたり、普段の食生活の改善などによって血圧を安定させることも可能です。





スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧対策の食生活の注意  |  トップページ  |  次の記事 高血圧と体脂肪率  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://gachapin373.80code.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1434

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧!?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。